ドキュメントスキャナー「ScanSnap S1500」を使ってトライ中

雑誌(カラー)、図版の多い本(解説本)、文章のみの本
この三種類をScanSnapを使いスキャンし、
自炊時に、失敗を少なくするように試行錯誤しています。

(1)「カラーモードの選択」は「自動」にしない。

雑誌は、全ページカラーでスキャンされ特に問題はなかった。

しかし、図版の多い本は、基本はグレーモードでスキャンされるが、途中で白黒モードなっていることがあった。
白黒モードでは、画面ショット図等、詳細が判別できない。
(白黒モードになっているページが結構あったので、グレーモードにして取り直しました)

文章のみ(文庫本)をスキャンするとき、表紙も一緒にスキャンしたため、カラーモードでスキャンされてしまった。
(表紙抜きにして、白黒モードでスキャンし直し)

以上の事から、「カラーモードの選択」は「自動」にせず、スキャンする文書に合わせて設定した方が二度手間にならないで済む。


(2)検索可能なPDFには、AcrobatのOCRを使う。

文章のみの本(白黒モード)スキャンファイルで、ScanSnapのOCR結果とAcrobatのOCR結果を比較すると、AcrobatのOCRの方が精度がよいようだ。
確かAcrobatのOCRエンジンは「読んでココ」のOCRエンジンを使っていたと思う。
また、OCRと一緒に画像のダウンサンプリングも出来る。

2010/08/14 追記
カラーモードの場合、AcrobatのOCRは苦手みたいだ。
カラーをバックにした、白文字がOCRされていない所が多いようだ。


(3)Acrobatで見開き表示にした時、右開きの表示にする設定の仕方

Acrobatで見開きページに設定すると、ページの流れが左→右へとなっている。

縦書き日本語本の「右→左へのページ流れ」に表示を変える方法。
Acrobatのメニュー「ファイル」→「プロパティ」を選択。
「詳細設定」タブを選択。
「綴じ方」を「右」にする。
これで「OK」ボタンで完了。
※最初から見開き表示に設定するのもこのプロパティ
「開き方」タブで「ページレイアウト」で見開きページを設定できる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック