iPad用自炊ファイルの解像度は「300dpi」が良いのかな・・・

久しぶりに「iPad」に自炊ファイルを入れてみた。

前回、300dipにしてから入れたのをすっかり忘れて600dpiのまま入れたら、
「i文庫HD」で表示してから、ページ進めるのにタイムラグ発生。

やはりiPadでストレスなく作動させるには、300dpi位にしないとダメみたいだ。
300dpiより解像度を落とすと、拡大したときに見にくくなるだろう・・・。

自炊後は書籍は廃却してしまうので、自炊データとしては、
白黒=600dpi
カラー、グレースケール=300dpi
と、ScanSnapのベストな状態で保存することにする。

300dpi程度に解像度を落とす方法として、Acrobatで、OCRをする時に落とすか・・・

Acrobatの「ファイルサイズを縮小」も試してみたいが、iPadは嫁さん用。
なかなかiPadの空き時間が無いのだ・・・


「i文庫HD」は、青空文庫形式に対応しているので
試しに青空文庫形式のテキストを作って、使ってみた。

小説等の文章だけのモノは、青空文庫形式のテキストファイルがベストだと思うが、
自炊ファイルからOCRしてテキストファイルを作成するのは
OCRの精度等から考えると、修正等に時間が掛かりすぎる。


青空文庫形式
http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MANUAL_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック